マイケル・ジャクソンを心の恋人にもつ てらこママのデクノボウなブログ
梅雨らしい空模様になってますね。
もしかしたら空梅雨なんて思ったりもしましたが…。
そんなお天気の今日は息子の小学校、プール開き
プール開きはいつも6年生って決まっています。
息子も真っ赤な水着持って行った。
入ったのかな~?帰宅したら聞いてみよう。

さてさて、活動報告が滞っていた図書ボの読み聞かせ。
早速第1回目が行われました。
毎年、初回はたくさん子供達が集まってくれるんですよ
先生が子供達を引き連れて聞きに来てくれるのです。
今年度の読み聞かせ実施場所は3階の児童会室。
150~160人くらいは来てくれたでしょうか?

隱ュ縺ソ閨槭°縺幢シ狙convert_20130608200549
こんな感じ~

うし!横からも!
隱ュ縺ソ閨槭°縺・_convert_20130608200718

初回ですから、子供達がまた来たくなるように印象つけたい。
大型絵本でいってみるとのことで、2年目のМさんと代表のYさんが読み手となってくれました。

最初はYさんがこちらを読んでくれました。
これは大型絵本ではなかったですけど、聞き手の子供達も一緒に楽しめていいですね。

へんしんオバケ (新しいえほん)へんしんオバケ (新しいえほん)
(2006/06)
あきやま ただし

商品詳細を見る


あきやまたたしさんのへんしんシリーズは聞き手参加型の決定版と言ってもいいですよね
Yさんは「図書室にもあるので借りて読んでみて下さい。」とアピールしていました。

2冊目は大型絵本を読みました。
こちらは2年目のMさんです。

どうぞのいす (大きな大きな絵本)どうぞのいす (大きな大きな絵本)
(2005/06)
香山 美子

商品詳細を見る


この大型絵本、図書室にあるやつなんだって~。
6年在籍してて、大型絵本が図書室にあるなんて知らなかったよ~
Mさんがこの絵本の小さい普通のを持っているとのことで、Mさんが小さいのを読みながらYさんが大型をめくるという役割分担を決めていたようです。
大型絵本をのぞき込んで読む必要がないので子供達にちゃんと見てもらえていいですよね。
しかし
こんなことってあるんだ~って思ったんですけど、大型と小さいやつとで中身にちょっと違いがあったみたい。
使っている言葉が違ったり、めくるタイミングが違ったりしてて、事前に打ち合わせして(事前っていうか直前だったけどぉ~)大型に合わせて小さい方に書き込んだり付箋貼ったりしてました。
なんで中身に違いがあるのかしら?
作者の香山美子さんに無断でやったりはしてないでしょうけど。
こんなこともあるんですねぇ…。

新規で図書ボランティアに入られたメンバーの方は初めての読み聞かせを見て、こんななんだ~って思ってもらえたかしら?
何回か見たらぜひご自身も読み聞かせデビューしてもらいたいものですね。

次回の読み聞かせは6月18日(火)です。
低学年の学校開放デーで、昼休みに実施の予定です。
ランチに行っちゃうママさん達もちょっと覗いてかない
…って、私が読み手であった
まだ紙芝居を購入できてないのだ~
あと一週間しかないのに大丈夫なのか
大体の品定めはできております。
代表他の皆様がよいと言ってもらえれば買いま~す
賑やかしく、雰囲気作りもできる拍子木も買いま~す

てらこ、紙芝居を読んだことないかもです…。
自信ないし、誰かに読んでもらっちゃいたいなぁ~。
拍子木使って客寄せパンダになってもいいです。
あぁ…。心配だわ。パリスちゃん。
マイケルパパの死の影響が大き過ぎるのかしら…。
すっかり大人びてきれいになったパリスちゃんだけど、まだ15歳。
今月末にAEGを訴えてる裁判で証言台に立つんだって。
パリスちゃん、パパのもとに行きたくなっちゃったのかな。
でも自殺未遂なんて、天国のマイケルパパも望んではいないはず。
どうか元気で前向きになってほしいな。
図書ボとは関係ない話から入ってしまいましたが、心配で触れてしまいました。
ごめんなさいです。

さ、図書ボの活動記録がたまってしまうので(もう読み聞かせがたまってるよ!)さっさとやらなくちゃ
今年度の図書ボランティアが始動して、早速読み聞かせ告知ポスター作製をしましたよ。

娘を連れて行くしかないので、私は全然作製業務ができなくてチャチャ入れてしゃべってるだけみたいになっちゃったんですけどね
今年度も前回同様、1年生から3年生までの各教室と図書室、そして4ヶ所ある昇降口に大きいポスターを貼りますのでその作製をしました。

こんなのとか~
poster1_convert_20130608194548.jpg

こんなのとか~
poster2_convert_20130608194705.jpg

こんなのとか~
poster3_convert_20130608195744.jpg

どれもかわいいでしょう~<自画自賛←やってないのに
教頭先生に預けようと職員室に持って行ったら、それを見た先生(新しく来られた先生かしら?お名前がわからなくて…)が「かわいいですね~って褒めて下さいました。
褒められるというのは大人になっても嬉しいものです
「聞きに来てもらえればと思って頑張ってます。」と言ったら「行きますよって。
待ってますよ~。
今回また学んだことがあったんですけどね。
[読み聞かせ]っていう5文字あるでしょ。
毎度毎度ポスターの一番上に表記してたんですが、それをポスター中央に斜めにレイアウトしたメンバーが
おおっ こういうのもありだね
なぜにそのポスターの写真がないのだ
申し訳ないですぅ…
そのポスターが来たクラスはラッキーかも。

大きいポスターはこんなです。
poster4_convert_20130608200201.jpg

すでに貼ってあるやつを写真に撮ってきたんですけど、一ヶ月も経ってないのに部分的にいろんなところが剥がれてるよ
低学年の昇降口だからいじられてこうなっちゃうのはいつものことなんですけどね。
Y代表の力作なんですよ、これ。
ま、しょうがないっか。

こんな感じでみんなで和気あいあいと作成致しました~。
今月はすでに1回めの読み聞かせも終わってるんで、読み聞かせのカテで報告もできるだけ急いでやりますね。
今年度は活動記録も頑張ると息巻いていたのに、なかなか思うように更新ができないでおりまする
娘がおとなしくしててくれないもので、パソコンにもゆっくり向かえません
このくらいの子なんてそれが当たり前でしょうけど、もうちょっとお昼寝しててよ~なんて思うこともありますな
小刻みにやってアップするしかないのかしら?
そもそも記事が長すぎるって話も…

さてさて、我らが図書ボランティア。
今年度もメンバー募集があって、何人になるかなってワクワクドキドキしてたんですよ。
でもって、先月の24日に今年度のメンバーで初顔合わせがありました。
都合で参加できない方もいらしたんですけど、今年度は22名でスタートすることになりました~
やめちゃった方もいたんですけど、ご新規さんも5名だったかな? 入ってくださって、また楽しく活動ができそうですよ
私、てらこも今年度で最後。
あっという間に6年生の保護者になっちゃった。
今年度はたくさん読みたいなって意気揚々としてます<今のところ
みなさんからのご挨拶の後、活動内容など代表のYさんから話していただいて頑張っていこう~と一致団結
そんな中、ちょっと悲しいお知らせも…
長年私たちのマスコットとしてショーケースの中で文句ひとつ言わずに頑張ってきたこつこちゃんが卒業することになりました
「私のことは嫌いでも、図書ボランティアのことは嫌いにならないでくださいっっ!」なんて言うわけないか…。
こつこ。あなたのことは忘れないわ。
今まで本当にありがとう。

そしていよいよ6月から始まる読み聞かせの読み手を決めます。
今のところ、意気揚々のてらこ
私は2回目の読み聞かせに入ることになりました。
この日は学校解放デーという、要するに参観日の日でありまして、保護者の方にも見ていただこうよって日。
だから昼休みにやるんですけど、解放デーの昼って、大体ママ達はランチに行ってしまうのよね。
だから見に来るのはきっといつもと同じで子供だけ。
学校からのお手紙にも私たちの活動を見てもいいって一行だけでも入れてほしいなぁ…。
そんな日に入ったてらこ他3名の方々。
特別な日なので、ちょっと変わったことしてみたいですね。
初日は大型絵本を読むと言ってましたから、紙芝居でもやってみたいね。
どうなるかな~。

今年度の活動費は昨年度末にY代表が校長先生からいただいてますが、いつもより多くいただけたようです。
それは前の記事にもアップしたっけ?
で、紙芝居を買おうって話が本格的になりました。
Y代表はネットでお買い物したことがないと心配そうだったので、マイケル関連などいろいろ買ってる私か買うことになりましてね。
そんな私のことを知ってるHさんが「マイケルばっかり見ないでね~!」だって
はい、わかってまぁす
Amazonに行けば何かあるだろうと楽観視して承りました。
購入したらまたここでご紹介しますね。

話し合いの後は、初回は恒例のポスター作りです。
こちらの活動記録は飾り付けのカテの方でしますね。

こんな感じで始まった新生図書ボ。
今年も子供達が喜んで聞きに来てくれるといいな。
私も悔いの残らないように頑張りたいと思います。
またまたブランクが空いたゴールデンウィークネタでございます~

前の記事に続いてゴールデンウィークに行った亭主の実家、茨城でのお出かけ日記ですよ。
前の記事で触れましたように、5月5日の子供の日には、茨城の大きな湖、霞ヶ浦に行ってきました。
この日はお義母さんが朝からおにぎりを握ってくれてました。
お手伝いすべき嫁の立場でございますが、娘の世話とかしていたらあんまりできなかったです…。

連休中、この霞ヶ浦ではイベントが行われていたんですよね。
かすみがうら市のホームページに行ったら、ちゃんと報告されてましたです。
茨城県 かすみがうら市ホームページ 帆引き船フェスタ
帆引き船ってこういうのだよ
image.jpg

チラシだと、帆引き船は2艘操業されるとのことで、定員60名とか。
出港も1日に2回だけ。
昔、普通に出ていた船みたいだけど、今はもう動いていない船だし、なかなか見られるものでもないんだから行ってみようかってことになりました。
前日みたいにいっぱい来ていて、定員になったからおしまいです~ってなったら残念だから早くいきましょ
10時過ぎには会場に着いたけど、まだ人もまばらで大丈夫みたい。
整理券を配布するようだから並びました。
私達に後ろに並んだおば様達が教えてくれました。
これは帆引き船に乗るのではなく、違う船に乗って行って帆引き船を近くで見るものだと。
なんだ、そうなんだ。乗れないのか。
息子に事情を話してどうするか聞いてみましたが、行くというので整理券はもらいましょう。
家族みんなで並んでいても意味ないかな。
だって私や娘は行かないし。
亭主が並んでいてやると言ってくれたので、私たちは池のある方へ移動です。
そこには鯉もいてえさやりもできるみたいだ。
お義父さんが売店で売ってる鯉のえさを買ってきましたよ。
でもねぇ…。
多分、いろんな人がいっぱいえさやってるんだね。
鯉もマルマル太ってて立派な体してますよ。
お義父さんがちょっと撒いたら鯉は寄ってきました。
IMG_0182_convert_20130520100729.jpg
池の鯉を見てる娘です。

「水が汚ねぇな~。」とお義父さん。確かに…
ちょっと会場内をウロウロしていた息子も戻ってきてえさやりを始めました。
IMG_0187_convert_20130520101044.jpg
子供ってこういうの好きだよね。
こうやって楽しんでいる息子ですが、この後、私と義母にめっちゃ怒られることになるのです

この池の先にはもっと浅い池っていうか、何て言うか…。
水遊びができるようなところがあって小さい子が楽しそうに遊んでいました。
暑かったからさぞかし面白いでしょうねぇ。
そんな恰好の遊び場を見つけた息子。
当然遊びたくなっちゃったわけです。
別に靴や服を脱がなくても上手く遊べるところではあります。
でも小さい子たちはそんなのお構いなし。
息子は6年生ですからそんな遊び方がしないでしょうけど、とりあえず注意は促しますよね。
「濡れちゃうかもしれないんだからやめなよ~。」
「大丈夫!」
あ~、息子の大丈夫は大丈夫じゃないんですけど… やな予感。
私もお義母さんも濡れてしまうのを懸念して行かせたくないのですが、亭主とお義父さんが許可してしまったから行ってしまいました。
「自分で体験しないとわかんねぇから。」
そりゃそうなんですけど、この後に帆引き船を見に行くわけで…。

そうこうしているうちに戻ってきた息子の姿に私とお義母さんの怒りは爆発したのです
だって頭から足の先までずぶ濡れ
着衣水泳したかっていう状態なんです。
当然、靴も下着も完全に濡れているわけです。
「何やってんのよ この後なにするかわかってんの
亭主とお義父さんは笑ってますが、私とお義母さんは怒り心頭で「早く脱げっ
脱いだ服を絞って垣根に全部干します。
まっぱになりたくない小6。
亭主の羽織っていたジャージを借りて「大きい声出さないでと言ってちじこまっています。
これが黙っていられるかってーの
自分が濡れて気持ち悪いだけならまだいいけど、こんな恰好で船に乗ったら同乗する人たちが嫌でしょ?
出港時間も迫ってるのに、乾くわけないでしょ
「6年生にもなってこんなことやって、馬鹿息子!」
お義母さんの怒りも沈まないみたいです。
イベントのひとつに自衛隊の服を着て写真を撮ろうってのもしていて「自衛隊の服、借りてくるか(笑)」だって。
そうだね。緊急事態です

陽射しが強い日で救われました。
完全ではないですが何となく乾いてきた。
ズボンもジャージだったしね。
でもウエスト部分は無理。
パンツも無理。
とうとう出港前の呼び出しが掛かっちゃったよ
仕方ないから濡れてるけど着ていくしかないでしょ。
ウエストが濡れてて、パンツの濡れもあって着心地が悪いのでしょう。
お漏らしした人みたいな恰好で亭主と手をつないで歩いて行きました。
ライフセーバーのジャケットを身につけたので写真を撮ろうとカメラを向けましたが明らかに浮かない顔
そういうのを自業自得というのだ。

そんな状態で息子は帆引き船を見に行きました。
霞ヶ浦は大きい湖ですねぇ。海みたい。
IMG_0188_convert_20130520101216.jpg
遠方に帆引き船がいるんですけどわかんないですよね。
それだけ遠くにいたってことです。

IMG_0189_convert_20130520101320.jpg
私のデジカメでマックスの望遠でこのくらい。
この帆引き船のところまで何隻かのボートで向かっていくのですが、結構飛ばしていくから息子はおもしろかったようです。
帰ってきた息子は機嫌も直ってニコニコ
終わりよければって言うけど、後先考えずにもうこんなことしないでくれよな~

連休が終わって、息子は学校で筑波山に登った事と、帆引き船を見に行った事を発表したようで、みんなから帆引き船ってなんだと聞かれたようです。
日記でも先生から「充実した連休でしたね。」ってお返事きてたね。
当然、馬鹿息子呼ばわりされたことは知りませ~ん。
来年は中学生なのに、こんな幼い息子で大丈夫なのでしょうか…。
ものすごい不安です。
もうとっくに終わってますけど、みなさんはゴールデンウィークをどのように過ごされましたか?
今年のGWは前半と後半に分かれてしまって遠出しにくい感じでしたね。
我が家のGWは毎回、私か亭主の実家に行くっていうのが恒例ですかね。
亭主の実家の方から、連休は来られるのかとの連絡が前もってあって、亭主は前半は仕事だから後半に行くと返事していたようです。
でも前半に仕事は行ってなかったですよ
行く気はあったようですが、結局ゲームばかりで行く気がなくなってしまったわけですね。
そんなことになるんじゃないかって薄々思ってましたけど。

後半初日の3日に義父母が茨城から車で迎えに来てくれました
うちねぇ、車ないんですよ。
亭主は免許持ってないしね。
私はすっかりゴールド免許の身分証明書になっちゃってます。
あ! 今年、免許書き換えだ
思い出してよかった~

そんなわけで、初老の義父の運転で往復してくれるわけです。
大丈夫だとは言ってますが、正直なところ疲れると思うんですよねぇ…。
うちが車買って往復すれば済む話なんですけどね。
いつも申し訳ないですよ。
それに、大きい声で言えませんが、私は義父の運転がちょっと苦手
急ブレーキ&急発進なドライビングで、私は乗り物酔いしてしまうのです
いつもはこっそり酔い止め薬を飲んで乗り込むわけですが、今は授乳中なので薬は飲めません。
我慢しました
そんな理由もあるので車を買うのが一番の解決策っぽいですけどね。

昼ごろ来てくれた義父母は近くのスーパーでお弁当を買ってきて、うちで食べてから行くことにしてました。
食べ終わって一息つく暇も持たせない、鬼嫁てらこ
庭の雑草がめっちゃすごかったのです。
タンポポも思いっきり咲いちゃって、ママ友には「立派なタンポポ~とまで言われました
そんな庭を『義父にきれいにしてもらおう!』って思っていたてらこなのでございます。
義父は草取りが大好きなんだか得意なんだか、ほんのちょっとの雑草もピンセットで抜くくらいですからね。
で、私が庭いじりが大の苦手だってのも知ってます。
言わなくても用意周到な義父。
軍手どころが、カマまで持参っていう…。
細かい事を言わなくてもきれいにしてくれました。
「わ~!ありがとう すっごいきれいになった~
大きいゴミ袋2つ分雑草が出ました~<どんだけ手入れしてないんだっ!
義父はそのゴミ袋までお持ち帰りの徹底ぶり。
置いてっていいのに「いいから、いいから。」って積み込んじゃった。

そんな一仕事させてから向かった亭主の実家。
息子は日記を持参して連休中の出来事を書こうというわけです。
前日の日記には、翌日義父母が迎えに来ることをネタにしていたのですが、最後に書いている恒例の一句。

連休で 茨城行くが 予定なし

これを見て義父母は笑ってました。
いつも亭主の実家に行ってもほとんど出かけません。
近くに住んでいる義兄家族が来て一緒に食事したり、やはり近くの亭主のいとこ夫婦宅にお邪魔する程度です。
たまにちょっと足を伸ばして大きい公園で息子を遊ばせたりすることもあったりしますが、まぁ、その程度。
今年もそんな感じでゆっくりするのかなって思ってました。
私の実家に行ってもそんな感じですかねぇ。
親戚の家にお邪魔したり、回転寿司屋に行ったり、とか…。
どちらの両親も若くないですから出かけるのは疲れますよね。ウンウン。

でも今年は違ったんですよ~。
息子の一句があったからなのかどうかはわかりませんが、移動日の初日と最終日の除く4日のみどりの日と5日の子供の日はしっかり観光してきたんですから
すっごく連休らしい過ごし方だったのです。

まず4日は、筑波山登山
私も息子も登った事がありません。
亭主は小学校の時に校外学習か遠足かなんかで行ってるみたいですよ。
息子も6年だし、これくらいなら登れるよね。
徒歩で登山は亭主と息子
義父母と私と娘はケーブルカー
天気もいいし、おにぎりと飲み物を買ってレッツゴー

現地に行ったらもう観光客がいっぱいで駐車場がないではないか
待っててもいつ空くかわからないし、駐車場探しは義父に任せて、私たちは先に寺のあるところに行ってました。
きっと空きがなくて待ってるか少し遠方に停めるかしてるのでしょう。
待ってるんですがなかなか義父は戻ってきません。
先におにぎり食べて待ちましょ。

食べ終わると、息子は筑波山名物のガマの油売りの口上を珍しがって聞いてました。
娘はあんよの練習。
ちょっと遠方に駐車してきた義父も来たのでおにぎりを食べてもらって、さあ行こう!ってなったら義父は登らないって言うじゃんか。
遠方から歩いて来て疲れちゃったかも。
「何回も登ってるからいいよ。」って言って待ってることになっちゃった。
そんなわけで亭主と息子はいざ登山へ。
私は娘を抱っこひもに入れて義母とケーブルカー乗り場へ。
当然、私と義母が早く頂上に着いちゃうわけです。
ケーブルカーも混んでて座れませんでしたが、頂上もたくさん人がいましたね。
いいお天気で本当によかった。

IMG_0175_convert_20130520100550.jpg
いい眺めでしょ。
風がちょっと強かったけど。

数軒あるお土産やさんをブラブラ見て、なにやらちょこっと買ったりして時間つぶしましたが、それでもまだまだ来ませんわな。
ベンチに座って待ってましょ。
義母と二人、会話もそのうちなくなっちゃったりして睡魔が襲ったりする
そうこうしてたら頂上でもガマの油売りの口上が始まったよ。
立派な白いひげと袴姿。筑波山の仙人みたいだな。
のぼりに“師範”って書いてあるよ。
マジマジと最初から最後まで聞けましたが、なにやら手品っぽい…?

要するに「ガマの油って凄いから買ってね!」って言いたいわけですが、そのアピールをするために日本刀を出してきて、スパスパと紙を切っていく。
「一枚が二枚。二枚が四枚…。」と128枚まで小さくしていって紙吹雪作ってます。
こんなに切れる刀だけど、ガマの油を塗ると腕を切っても切れないのだと言って、実際に塗って腕を切って見せるのです。
何ともなくって切れてませんでした。
今度は塗ったガマの油をふき取って、また腕を滑らせるのですが、今度は出血
きっと何か仕掛けがあるんでしょうねぇ…。
後ろから見られるのを拒んでいた仙人の師範でした。

なかなか来ない登山の息子と亭主もようやく来て合流できましたが、息子は思いの外元気
疲れてる感じはしませんね。
頂上に上がるところで登山客も渋滞でなかなか前に進めなかったそうです。
でも頑張って歩いてきたのでちょっと休もうか。
一番左のお店に入って何か飲みます?
亭主は当然のようにビール
息子はコーラとポテチ。
私は珍しくあんみつなんか食べちゃった。
なんかねぇ、お客さんが思ったよりいっぱい来たみたいで、いろんなものがもうなかったんですよ。
亭主はラーメン食べたかったみたいなんですけど「もう終わりました。」って。
あれもない、これもないって状況で、おでんに落ち着きました。
後から来るお客さんもみんな「ない。」と言われ続けてて。
カレーはあるけどご飯がないんですもの。
炊いたらいいと思うのだけど、営業時間を考えたら炊けないのかしら?
「おしるこあります?」って聞かれたら、店主は「あるけどぉ…。時間掛かりますよ。んじゃあ作るか!」
なんだそれ?もうめんどくさくなってるじゃんか!!
頑張って作ってよ~。お客さんなんだよ~!

食べ終わって出たら、店の前は長蛇の列
みんなケーブルカーに乗るのです。
鉄っちゃんの息子も行きは登りましたが、ケーブルカーにも乗りたいのです。
息子はソフトクリームを買って食べて、土産屋の展望台に昇ってみたりして待ちました。
乗客に人数制限がありますから待つのも仕方ないですけど、下で待ってる義父はさぞかし退屈であろう…。
高尾山以来のケーブルカーにやっと乗れても車輌の前には行けなくて、横から景色を見ることしかできませんでしたが、急勾配の坂は見れて息子は満足していました
ゴールデンウィーク、予定あったね。よかったね。

帰宅してから義父が「明日はこれに行ぐっぺ。」と言ってチラシを出してきました。
霞ヶ浦という湖でなにやらイベントしてるみたい。
その記事は次にしましょう。
思ったより筑波山記事が長かったので…。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金 Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ