*All archives* |  *Admin*

2011/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
ソフトボール体験 #2
先に記事にしました息子のソフトボールチームの体験。(過去記事はこちら
「入団はゆっくり考えていい」という周囲のお言葉に甘えて、結局3回も体験をしてしまいました
昨日が1月最後の練習でキリもよかったというのもあるのですが…。
いつまでも体験ばかりで決めかねているのは監督さんやコーチの皆さんにも申し訳ありませんので息子には「今日で体験は最後だよ。」と言っておいたのです。

2時間半の練習を終えて、きちんと監督さんにはご挨拶をしなくてはなりませんのでコーチの皆さんとお話しされていましたが息子と共に出向きました。
てらこ「今日で体験は終了させていただきます。ありがとうございました。あとは息子の意思を確認して入るかどうか……。」
すると言葉をさえぎるように息子が言い放ちました。
息子「俺決めた 入る
えっ、そうなの
てらこ「なんか、そう言ってます 宜しくお願いします。」

そこで監督さんは、息子の技術のなさを指摘されました。
確かに誰から見ても超下手ッピーなのです
究極のインドア派鉄男の息子ですからね。
外遊びは楽しくないと言ってましたから、スポーツなんてやってきてないわけですよ。
外で遊んでいないからキャッチボールもまともにできません。
だからメンバーのみんなと足並みを揃えて練習はできません。
基礎中の基礎から教え込まなければならない状況なわけで、この体験の3回ともどなたかが息子について丁寧に優しく教えてくれていたんです
即戦力にはなれないので在籍が長い息子より低学年の子がレギュラーになるという事はもちろん納得です。→本人も納得。
また付きっきり状態のように別メニューで練習するような感じになってしまうのも納得です。
監督さんやコーチ以外の保護者のパパさんたちも来て練習のお手伝いをしていますので、そちらへの亭主の参加もお願いされました。
これは亭主本人に聞いてみないとわかりません。
しょっちゅう休日出勤していますし、海外(大連)出張も今年は増えそうです。
打診はしましたが毎回参加できそうにない状況が明らかなので、胸を張ってOK!と言えないところがあるようです。
ルールは家庭で教えてあげてくださいとのことでした。

そんな現状の中、息子は入る気満々でびっくりです
運動が苦手でずっとこもっていた息子がやりたいと言って体験に積極的に参加することを私は評価したいと思っています。
本当に下手なんですが、そんな息子の意思を尊重してあげたいと思う私は親バカ?

昨晩、監督さんとお話をしたというまとめ役のWさん(図書ボのベテランさんでもあります)がうちに電話をくれました。
どうやら息子の入団を諸手を挙げてウェルカムって感じではないのです
うちの息子にも問題があり、チーム事情もあってこういう事になってしまっているのです。
Wさんは私を気遣って言葉を選びながら話してくれました。

コーチの皆さんや保護者のパパさん達が教えてくれているのですが、それが息子に響かない。手ごたえもないのでしょう。
あまり周囲に気を遣っていないので危なっかしい行為もあるようです。それが大きな怪我になってしまう場合もあると懸念されていました。
現在メンバーは18人。3月で6年生が卒業してしまいますと一気にメンバーが減って10人になってしまいます。
最近は習い事の選択肢も増えて入団する子も少ないみたいですね。
そこで、現在メンバーたちはレギュラーになるべく、特に低学年の子達は燃えて練習に励んでいるのだそうです。
一生懸命練習しているところに技術のないうちの息子がポッと出て行ってしまうと上がっていたボルテージを下げてしまうんですよね。
ピッチャーも打ちやすい送球をしてあげなくちゃという余計な気遣いが発生するわけです。
息子も相手が取りやすいように(私は自分がうまく投げることができないからそうしてしまっているのだ思うのですが)コロコロとボールを転がして相手に渡している時もあるようです。
はっきり言っていい練習にならないですよね
そういう現状から別メニューで練習となりますと、指導者を一人独占しなければならなくなります。
ただでさえ指導者不足でコーチでもないパパさんたちがボランティア的に毎週日曜日に参加してくれているわけです。
うちの亭主に手伝いを依頼するのはもっともな話ですよね。
しかし毎回参加が非常に厳しいという現実
3回も体験をした子はいなかったようですね
入団の結論がすぐには出なかったですし、この3回の本人の状態を見て、やる気もどの程度なのか疑問視している部分も監督さんにはあるのかもしれません。
体験をするにあたり、息子には「ソフトは遊びじゃないからね。」と言っていましたが、それも響いていないのかもしれません。
Wさんが話していましたが「地域のソフトボールチームだし、やりたいって言う子はみんな受け入れていいわけだから…。」というスタンスもわかります。
そこで監督さんからのご提案は「仮入部」という形。
3月いっぱいまで様子を見ましょうということみたいです。
部費は徴収しないのでチームでボーリング大会などのイベントもあるようですがそちらの参加はできないという位置づけです。
ユニフォームも支給されるのですが、仮でしたらそれもないでしょう。
また、練習の後には必ず子供達にはご褒美のおやつが配られます。
保護者のママさん達が当番制でポケットマネーから出しているもので、息子が部費も出していないのにもらってばかりというのも心苦しくなりますよね。→これは私も当番に加わればいい事なので問題にもなりませんが。

こんな状況ですので私は息子にソフトボールを続けさせるべきなのか迷ってしまっています。
結論に時間はかかったものの、運動が苦手な息子が続ける意思を示した事、このチームへの入団に執着している事は本当に大きな成長なのです。
そんな息子の思いを汲み取って応援してあげたいと思うのですが、チームに迷惑がかかるのなら入らない方がいいのかと思ったりして結論が出ません。
年相応に成長している3年生が他に3人もいますので比較してしまうと劣っているのは明らか。
しかしうちの息子にしては大成長なのですが、わかってもらえるはずもなく……
Wさんにも「いつもこんな感じなの?響かないの?」と聞かれてしまいました

息子は元々呑み込みに時間がかかる方ではあります。
子供は成長とともにいろんな事が出来るようになってくるわけですが、息子は年相応な小3ができるような事がまだできない事もあるです。
赤ちゃんの頃から何でもできるようになるのは遅い子でした。
心配して追いつかせようと私がやっきになった時期もあるのですが、できないものを無理にさせてもダメなのですね。息子も私も疲れ果ててしまいました
それからは、それが息子のペースなのだと思って無理をさせるのはやめました。
ただ、学校でも何でも団体行動しなければならないところはありますから、足を引っ張らないようにしなくてはなりません。
特に勉強は遅れをとっては後々本人も大変になりますので、教材を使って私と家庭学習で頑張っています。
ソフトボールも勉強のように家庭でフォローしていけばいいのではないかと思いますよね。
それが相手が親だと息子も甘えが生じてダメなんですよね
私もソフトは教えられないですわ…

息子の小学校には放課後に週2回練習している別団体のソフトボール部があります。
先生が顧問で成り立っている部ですが、クラブ活動とは違うので先日メンバー募集のお手紙をもらってきました。
他のママさんに聞いてみたところ、毎回試合みたいな事をしていてルールはそこでも覚えられるだろうとのこと。
息子の現在の担任のG先生がやっています。
ここに入って上達を目指してはどうかと思って息子に聞いてみたところ「こっちは入らない」と後ろ向きです
「どっちも入るのは大変だから」という理由なので、ソフトボールに対してメラメラと闘志を燃やしているものではありませんね。
そんなだったらソフトやらなくてもいいんじゃないか?と思ってしまうのですが、地域のチームは入りたいと言う……。

今朝も登校前にどうしようかと話してみたのですが、ソフトの話をされるのが嫌になったようで泣かれてしまいました。
息子の意思は尊重してあげたい。でもチームには迷惑をかけたくない。
これも大人の都合ってことになっちゃうのかなぁ…。
どうしたらいいかわからなくなってしまいました
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

てらこ

Author:てらこ
いらっしゃいませ♪
マイケル・ジャクソンが大好きな普通の主婦です。
平凡な日常を見てやってください。
2012年3月に10年ぶりの出産をしました。
久々に育児に奮闘しています。


Glitterfy.com - Miss You Glitter Graphics

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
地球の名言

presented by 地球の名言
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる