*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
キッズワークショップでヘアゴム作り♪
今年は夏らしくない天気でしたねぇ…。
ブログ復活した時は暑い日が続いててぼやいてるもんね、私
梅雨の時の方がずっと暑かった!
今はまた夏が戻ってきて暑さでボヤいちゃうんだから、人ってわがまま~。

さてさて、10年ぶり育児のカテゴリー、あんまり記事ないけど、久しぶりにアップしてみるよん。
娘ももう5歳だからね。
5年もあれば記事にできそうなこともいろいろあったのだけど、ブログ自主閉鎖状態でしたから~

5歳の娘は一言でいうと内弁慶かな~。
家にいる時は言いたいことも言うし、嫌なことがあればワンワン大泣きして抵抗するし( ノД`)、怒ったら大変でおもちゃ投げてみたりドア閉めてプンプン丸にヽ(`Д´)ノ
でも外出ると極度の人見知りで私の後ろに隠れてしまって挨拶もできない。
やっとご近所のおじさまやおばさまには慣れて会話もできるようになったけれど、出かけたりすると知らない人がいっぱいですから、道を歩いてるだけなのに後ろから知らない人歩いてるだけで逃げるように早歩きです。
エレベーターやエスカレーターに乗っても周囲への警戒があって面倒。
お兄ちゃんは穏やかな子だったんだなぁ…って今更ながら思います。

そんな娘も幼稚園はそれなりに楽しんでいるようでお友達ともうまくやっているようでう。
大好きなお友達Mちゃんを意識してます。
「Mちゃんみたいな髪型にして!」
「今日はMちゃん幼稚園来るかなぁ…?」

Mちゃんのママからもうちの娘の話がよく出ると聞きました。
娘は園バスで登園してるんですが、現在バス停は3人です。
うちの娘と、同じ年長さんの男の子Sくんと年中さんのHちゃん。
見た目、Hちゃんが一番大きいっていう…
一時期、Hちゃんとはキラキラプリキュアアラモードの話なんかもしてましたね。
blog用画像
こういうキャラクターにはまっちゃうんだね~、女の子って
お兄ちゃんはきかんしゃトーマスだったよねぇ~
飽きっぽい娘。
もうプリキュアのテレビは見てません。
でもフィギュアでは遊んでる。

前置きが長くなるのが私のいけないところだわ…。
タイトルにもあったように、娘は先月、前出したHちゃんとキッズワークショップに参加したんですよ。
家からちょっと行ったところにリフォーム会社の店舗があるんですけどね。
なんかナチュラル指向っていうの?
おしゃれな感じのお店なんですよ。
LOHASって言ってんだからそうかもね~。

その店、ワークショップを時々開催しててチラシが店頭にあったりするんですね。
買い物に出かけた時、ふと目についた【キッズワークショップ】のチラシ。
どうやらヘアゴムにかわいい型がついていて、そこにガラスストーンを埋めてくものみたいだ。
へぇ~って思って持ち帰って、降園の園バスを待ってる時に話したらHちゃんのママがそんなのあるのかってちょっと興味ある風。
帰宅してそのチラシの写メを早速LINEしたら行ってみようかって話が進んで。
その話をしてたのが6月だったのかな…?
娘にも「Hちゃんと行こうね♪」と話したら「明日?」
違うよ違うよ、来月の話だよ。
夏休みになってからだよ。
なんでも明日になっちゃうんだよねぇ…

で、いよいよ当日がやってきましたよ
定員5名ってなってたけど、うちとHちゃんとこだけだったみたい。
店舗の一画にテーブルと椅子があって、すでに材料もセッティング済みでした。
娘は最初からハート型にするって決めてました。
Hちゃんもお花型にするって決めてたみたい。

上品な先生が優しく丁寧に手順を教えてくれます。
2色選べるというので、娘は黄色と緑。
Hちゃんは黄色と赤だったね。
ストーンも大きいのと小さいのを出してくれてここからはコツコツと埋め込み作業。
子供はまだ小さいので若干不器用なところもあり、先生もお手伝いしながら地道に並べていきます。
娘は最初に小さいストーンから手を出しちゃったもんだから外側のハートの枠にいっぱい並べなきゃならないって状況を自ら作ってしまった
Hちゃんは「かんたーん!」っていい調子です。
先生もそのお店の方もワークショップ中の様子を写真で撮影してますよ
案の定、Hちゃんの方が先に完成してしまいましたが、先生が「大丈夫。まだまだ時間いっぱいあるからね。慌てなくていいよ。」って優しい~
話をしていたら、先生のお子さんも子供たちと同じ幼稚園に通っていたってことがわかってビックリ
子供にも慣れてるわけだ。

P_20170727_110040_convert_20170825095231.jpg

これ、コツコツ作業中の娘。
白い色鉛筆持ってますけど、これは特殊なものなのだそうで、ガラスストーンにチョンと触れるとペン先にくっ付いてくれるのですよ。
見た目、普通の色鉛筆だよね~、不思議~。
金色のハート型にこまめに接着剤を塗って、色鉛筆にくっ付けたガラスストーンを置いて並べていくという作業です。
不器用だったりするので置きたいところにピンポイントで置けない場合もあるわけですよ。
でも接着剤塗ってるからくっ付いちゃうよね
先生が半ば力づくて手直ししてくれる場面もありました。
とにかく地道にやってくだけなので、たまに娘は「はぁ~なんてため息も。
飽きっぽい娘ですけど、お友達も頑張ってやってて諦めたり投げ出したりすることがなかったからよかった。

どのくらい時間かかったかなぁ…。
Hちゃんが先に完成させてから数十分、娘もなんとか完成させることができました

P_20170727_114452_convert_20170825100726.jpg

これが完成品でーす
どうですか~?
幼稚園児が作ったにしてはいい感じなんじゃないかと思ってるんですけど。
右のお花のはお友達のHちゃんの作品で、左のハートのは娘作。
頑張ったね~~~
「ガラスストーンなので派手な衝撃で割れてしまうことがあるから気を付けてくださいね。」と先生が注意点を教えてくれました。

P_20170728_135909_convert_20170825102931.jpg

こんな感じで使ってます
ちょっと重めだけどね。
結構髪の毛も長くなっちゃって、暑そうにしてるし、「髪の毛切ろうか?」って言うと「ヤダ~!」って
まぁね、バッサリいっちゃうとせっかく作ったヘアゴムの出番もなくなっちゃうから様子見よっか。

いろんなヘアゴムあるけど、また一つ増えました。
大事に使ってね。
(ワークショップで材料費込みで1,200円かかってるんだから…。)←てらこの心の叫び
スポンサーサイト
あっという間に1歳です
IMG_0174_convert_20130330175917.jpg

早いもので3月10日で娘も1歳になりました
息子の時と違ってあっという間の一年だったように感じます。
二人目ってこんなものなのかしら…?
当日に記事にしてあげられなくてごめんよ~

娘はまだ歩けないんですけど、上記の写真の靴をプレゼントしました。
一緒に写ってるHappy Birthdayの王冠は子供グッズ売り場にあったもの。
100円ショップにもありそうですけど、そんなに高いものでもないので一緒に買ってしまいました。
試しにかぶらせてみたら何気に面白かわいいし~<親ばか!
プラスチックのティアラなんかもありましたけど、安くあげちゃった。
だって靴が思いの外高くついてさぁ…
お兄ちゃんの時は遠出して大きなショッピングモールに入っている靴屋さんで吟味して買ったんでしたな。
今回は近場の量販店で済ませてしまいました。
またしても二人目的対応…

店舗で足のサイズを測ってみたら10センチくらい。
そのサイズの靴はなかったんですよね。
だいたい11.5センチから品揃えが充実していて、一番小さいのが11センチのこれしかなかったっていう状況。
ピンクも品切れで…。青じゃないだけいっか。
近場で済ませている後ろめたさもあるし、初めての靴だし、ここは奮発しちゃお
半ば言い訳ですね。

本当は前日の9日(土)に家族でディズニーランドへ行こうと計画していたのです。
初めての誕生日。楽しい思い出作りしたいじゃないですか。
お兄ちゃんの誕生祝いは家族旅行で温泉だったんですよ。
何度も言いますが、“二人目あるある”で手抜きチックなものですからね。
しかーし
前日の金曜日、息子のだらしなさにキレた私は「明日のディズニーランドは行かないっと言い放ち、本当に行かなかったのです。
リベンジで16日に再度計画しましたが、今度は亭主が息子にキレてまたしても計画は潰れました。
息子は行きたくて仕方なかったんですよ。楽しみにしていましたもの。
チケットもありましたからね。すぐ行けたんです。
でも残念ながら行けず仕舞いでした。
まぁね、娘もちょっと風邪気味だったし、行かなくてよかったのかもしれません。

ディズニーランド計画がなくなって重苦しい空気で迎えた誕生日前日。
私が「出掛ける予定もなくなったし、誕生日プレゼント買いがてら外で食事でもする?」と言って上記の靴と王冠を買ってきたってわけです。

子供が1歳になってする行事に一升餅を担がせるのがありますよね。
なんでもお兄ちゃんと比較してばっかりですけど、10年前は田舎の母が一升餅を作って送ってくれたのです。
そんなわけで前もって母に電話して作ってくれるか聞いてみたら「作らない。もち米もないし~。」
あ、そ。みんな思い入れがないわぁ…
お誕生日が近いお友達ママ達はどうするのか情報交換しました。
一人は近くの量販店に入っている和菓子屋さんに注文したそうです。
もう一人は、妊娠・出産・育児のお役立ちサイトたまひよでネット注文したみたい。
一升分のお餅が小分けされててオリジナルの風呂敷も付いてくるようです。
うちはどうしようかなって思っていたら、亭主が「小学校の近くに団子とかおにぎりとか売ってる小さい店あるだろ。地元なんだしそこにしたら?」と言いました。
あ~、あるねあるね。確か伊勢屋とかって名前じゃなかったかな?
小さい個人商店だけどいいよね。
早速頼みに行ったら¥3,150だとさ。
当日の朝、餅をつくから11時にはつきたての柔らかいものを受け取れるそうな。
試しに小分けに切っていただけるか聞いたら「みなさんご自分で切ってます…
ですよね~。横着しちゃいけませんよね。すみません。大きいままでいただきます。

当日は亭主が受け取りに行ってくれました。
その一升餅がこれです

IMG_0148_convert_20130330175403_convert_20130330181302.jpg

IMG_0154_convert_20130330175646_convert_20130330181356.jpg

ちゃんとのし紙に包んでくれてました。
さすがはつきたて。若干しっとりした感がありました。
餅は時間が経つと固くなっちゃうからね。
早いとこ担がせよう
家にあった風呂敷に餅を包んで、背中から斜めにくくり付けて立たせます。
先にお伝えしたように、娘はまだ歩けません。
座卓につかまり立ちをさせてみますが餅が重くてすぐに尻もちをついてしまいます。
餅担いで尻もち。ダジャレか
一人で立っていられるわずかな瞬間を写真に収めました。
うん、頑張ったね

ケーキはママ友にオーダーメイドで作ってもらいました
お教室に通ってパンもケーキもお料理もとっても上手なママ友のKさん。
自宅でお教室を開きたいという夢を持ってるくらい上手なんです。
だから今回お願いしました。
オーダーした時点では、まだ娘の小麦アレルギーの件が引っかかっていて安心してケーキを食べさせることができませんでした。
実家の母が娘を心配して米粉をたくさん送ってきてくれていたので、その米粉を提供して作ってほしいと頼みました。
米粉ではきちんと膨らまないから失敗も兼ねてたくさんほしいとのことで提供したんですが、誕生日が近くなって「米粉だけだとやっぱり膨らまないの。小麦混ぜても大丈夫かな?」とメールがありました。
その頃には、娘も小児科で小麦も大丈夫だろうと言ってもらえてたので、混ぜてもいいとお返事しました。

当日の午後、ケーキが出来上がったとの連絡を受けて受け取りに行ってきました
白いお皿を持って行きたかったけど、亭主に「もっと大きいの持ってけよ。」と言われて、茶色い皿になっちゃった。ま、いっか。

IMG_0161_convert_20130330181713.jpg

せっかくのケーキなのに息子の席のとこに置いて写真撮ったものですから、鉄のものがいっぱいになってて見栄えが悪い
でもどうですか?このケーキ。すごいですよね~
普通にお店で売ってるケーキみたいでしょ?
米粉:小麦=4:6で作ったそうです。
でもKさんは納得できない仕上がりだと言って¥1,000しか受け取ってくれなかったんですよ。
米粉は提供したけど、小麦もクリームもイチゴも買って作ったんだろうからもっと請求していいのに。
ホールの状態だからわかりにくくなってますけど、このケーキは3段重ねになっています。
お教室では2段重ねで薄くスライスしたイチゴを挟んでいたそうなんですが、今回は3段重ねで、挟んだイチゴも半分の大きさのものをぜいたくに入れてくれてるんです。
その構造上、自分が思っていたよりも高さがでてしまって、クリームを塗るのに大変だったそうで、うまくできなかったと言うのです。
お誕生日おめでとうのプレートも上手くチョコレートで描けなかったと言うのでなしになりましたが十分です
亭主も褒めていました。
結局とてもリーズナブルなケーキになってしまいました~。
ありがとう、Kさん。またお願いしますね

ちなみに、昨年の5月の亭主の誕生日にもケーキを作ってもらったんですよ。
そのケーキはこちらです
IMG_0269_convert_20130330181859.jpg
ナッツが入ったちょっとビターなチョコレートケーキ。
プレートは息子が描いたからちょっと…
金箔がちょっと施されていて豪華です
ナッツが苦手な息子はあまり食べてなかったけど、今回のイチゴのケーキは思ったよりガッツリ食べました。
いつもクリームとイチゴだけ食べてスポンジは残す傾向にあったんで、おかわりしそうな勢いの食べっぷりから、よっぽど美味しかったんだなって思いました。

うちにあったろうそくを一本立てて娘に見せてあげましたが、火を吹き消すことはできない~。
私と息子がお手伝いして消すって感じでした。
娘も喜んで食べていました。美味しかったね

食事なんですけどね。
最近、キャラ弁ってのがあるじゃないですか。
私はただでさえ料理は得意でないのですが、娘が好きなNHKの番組いないいないばぁっ!のキャラクター、わんわんとうーたんを作ってみたのであります
本当のわんわんとうーたんはこんなだよね。
いないいないばぁっ
ゆうなちゃんもかわいいいねぇ。
でもって私が作ったわんわんとうーたんなんですけどね。
どうやって作っていいのか、よくお世話になっているサイト、クックパッドで検索して、なんとなくできそうだ…と思ってやってみたわけです。
IMG_0167_convert_20130330175805.jpg
たくさん食べられないから小さい顔なわけで、のりで目とか作るのが大変で大変で…
亭主は苦笑してましたが、息子は「おー!わんわんとうーたんになってるよ!」と言ってくれました。
娘もわかってんだかわかってないんだか、とりあえずほとんど食べてくれてよかったです
思ったのは、もうキャラ弁はやめようってことでした
クックパッドのみなさんのがとっても上手で尊敬してしまいました~。

亭主はビデオカメラを回していましたが、息子が面白がってふざけていたので「今日の主役は誰なのよ~。」と言ったら「俺だ俺だ俺だ~~~!」だって<タカかっ!
taka.jpg
そんなのを見ていた娘も「あわわわ~」ってなんか真似てる…?
変なの教えないでね。

そんなこんなで過ぎた娘の誕生日。
リーズナブルな誕生日パーティーになりましたが、アットホームで楽しく過ごせたのではないでしょうか。
ディズニーランドはそのうち行きましょうね~。
そのうち歩けるようになるかもしれないし。
もっともっと暖かくなるし。

児童ホームで3月生まれの子を祝うお誕生会にも行ってきました。
私と娘は初参加でしたが、毎月やってるみたいです。
産まれ月の子はみんなの前に出て自己紹介(親がやるんだけど)してパチパチ拍手してもらえます。
その後、身長と体重を計って手形を取ってもらえるんですよ。
娘もやってもらって小さい小さい手形は記念になりました。

IMG_0147_convert_20130401095326.jpg

娘にとっていっぱい成長できる一年でありますように。

テーマ : 育児・子育て
ジャンル : 日記

産まれました(2ヶ月前に…(^^;))
相当ご無沙汰てらこのブログアップ
この前の記事が“出産予定日を過ぎたけど産まれない”っていう内容でしたから気になさってる方もいらっしゃるかと思いつつ
昼夜を問わない授乳に伴う疲労と、パソコンに向おうという気になれないっていう残念な状況でこんなにブランクが空いてしまいました。
どうもすみませんです
この人に免じて許して
f0134963_1053029[1]_convert_20120517232939
育児は大変だからね。
てらこもそんなに若くないから許してやってほしいんだ。


そんなわけで、今さらな出産報告でございます。
今回は親ばか記事にお付き合いください。

3月10日(土)午前3時01分に3,088グラムの女の子を出産致しました

母子ともに問題なく分娩できました。
亭主は二人目にして初めての立ち会いでございます。
平日昼間だったら立ち会いはできませんでしたが、ちゃんと週末に出て来てくれた親孝行な娘でございます。
『母親の産みの苦しみを見ろ!』という思いでしたけど
亭主は「想像してたのと違った。」という反応でちょっと悔しいてらこです
ドラマでたまに見る出産シーンを想像していたようで、妊婦は陣痛にもがき苦しむと思い込んでいたようです。
陣痛は間隔が空いて襲って来ますから、痛みが引けば普通にしていられるのですよ。

「なんかお腹痛いかも…」と言って病院に入ったのが9日の午後11時。
自分でタクシーを呼びました
断続的に襲う陣痛と格闘しながら、時間の許す範囲で一部の友人や知り合いに『陣痛なう』とメール。
『がんばれ~!』の返信もいっぱい来ました。みんなありがとう
あの日は雨が降っていたんですよね。ちょっと寒いくらいでした。
亭主の他に、息子と手伝いに上京していた実家の母と4人でタクシーで病院へ入りましたが、息子と母は帰されてしまって…
しかし帰った母と息子は家の鍵を持ってなかったっていうお粗末で病院に舞い戻り、亭主から鍵を受け取ってまた帰ったというアクシデントもありました。
分娩台で亭主に「お母さんに鍵渡した?」と聞いたら「え?渡してないよ。もう帰っちゃったよ。」という返事。
家を出る時、お母さんに鍵を預けなきゃって一瞬頭をよぎったんですよ。
でもタクシー待たせてるし、また陣痛来ちゃうかも…と思って、まぁいっかと渡さずに向かってしまったんですね。
だから、なんかこういう結果になりそうな気がしてたんですよ、私
玄関の前に立って「あれ、鍵がない…。」と気付いた二人は雨の中、家と病院をタクシーで二往復してしまいました。寒かったんだって…

鍵を渡せたと報告を聞いた私は安心して出産に挑めます。
断続的な陣痛は10分間隔から5分間隔になり。
でも子宮口がなかなか大きく広がらなくて「早く開いてくれなきゃ、いつまでも痛いでしょと心の中で泣きそうでした。
息子の時は入院時に既に8センチまで開いていたんですよ。
でも今回はまだまだって感じで、もしかして朝までかかるの~と悲痛な思いでした。
途中で「もうやだぁ…と本当に涙出てきちゃってね
でも助産士さんが「明るくなる前には産まれちゃうと思うんです。」って言ってたんですよ。
そんな言葉も分娩台では忘れちゃってましたけどね。

助産士さんも完全防備な格好で現れていよいよってなってからはもう、俗に言う“鼻からスイカを出す”感じですよ。
破水が正直いつだったかわからなかった…
踏ん張りながら「神様~とか「守護霊様~とか、とにかく何でもいいからすがっていたようなてらこ。
一度「マイケルゥ~と思ったのも記憶にあり。
産まれてくる子供の父親でもないのにねぇ~。
枕もとの亭主にすがろうとはこれっぽっちも思わなかった… すまんな…。
途中、めっちゃ痛くて辛い時があったんですけど、あれはきっと頭の一番大きいところで止まっちゃったかなって思ってる。

で、結果4時間後の3時01分っていうすごく早い安産だったわけです。
息子の時は8時間以上かかっていたのでスピード出産ではあったのですが、今回の方がめちゃめちゃ疲れた…
やっぱ10年ぶりってのは堪えるなぁ…と思いました。
体力なくなってるってつくづく感じてしまいましたよ、ホント。

出産後、一時間ほどは分娩室から出られません。
疲れて体はグッタリしてますが意識はしっかりしてます。
完全防備で分娩してくださった助産士さんに「お産の時は目が違いましたね!」と言ったら
「命がけですから。途中、心音が低下したのでね。」と話してくれました。

産まれてすぐに泣いてくれて、胸の上にも来てくれて「はじめまして!お母さんだよ!」って挨拶して、きれいにしてもらったら初乳もあげて…。
痛くてもうやだ~とか言ってたのに、産まれたての子供に添い寝する瞬間は【感謝】しかないから不思議です。
教えてもいないのにおっぱいを一生懸命吸う姿に愛おしさを感じてしまうんですね。

そんな出産を終え、朝方5時には病室に入ることができました。
出産が終わって待ちくたびれた亭主は椅子に座って寝てました お疲れさん。
基本的には顔出しはしないつもりでおりますので、今回が最初で最後の顔出しかもです。

出産した当日3月10日の夕方撮影の娘です。
IMG_0011_convert_20120517231322.jpg
10年ぶりに抱いた新生児はやっぱ軽かった~。
髪の毛もフサフサなんですよ。
分娩中も助産士さんに「もうちょっと頑張って~!髪の毛見えてきましたよ!」って言われたんだよね~。
私も亭主もフサフサで産まれた子なのでその子供もフサフサなのでしょう。
息子もフサフサで、0歳の段階で筆を余裕で作れましたもの。
この子も作ってあげたいと思ってます。
入院中から母乳育児を中心にやってましたが、まだちゃんと出ない&本人もうまく吸えないって状態で夜中は何度も起きました~。…っていうか、私はほとんど寝れてない状態でした~
看護士さんに「預かりますからてらこさんもちょっと寝て下さい。」と気遣ってもらいました。
10年前にも体験してる経産婦なのにすっかり忘れちゃってるのね、新生児の対応を…
授乳しながら思いました。
新生児のころの息子にそっくり!!

春休み前だったので、息子と亭主は週末だけ会いに来てくれました。
直接赤ちゃんに会えるのはパパママとおじいちゃんおばあちゃんのみ。
兄弟であっても子供は新生児室のガラス越しでしか会えない規則です。
息子は家に届いた、マンガ世界の偉人のマイケル・ジャクソンの第8号を病院まで持って来てくれました
産まれる前は「女の子は嫌だ。仲良くしない。」なんて言ってたけど
産まれちゃったら「赤ちゃんは?赤ちゃんは?」ってカメラ持って大騒ぎです。
何気に嬉しそうじゃん。

4日で退院だったのですが、大丈夫かなって不安もあったし、お世話になった助産士さんや看護士さんに感謝の気持ちでいっぱいで
退院説明の話を聞きながら思わず泣いてしまったてらこなんです
「お世話になりましたぁ なんか全然ダメダメな母親ですみませんでしたぁ
「大丈夫!これから頑張って!」
こんなことで泣いちゃって、先が思いやられるわ…って感じですな。

病院と違って家はやっぱちょっと寒いね~。
リビングに簡易的に布団を敷いて、日中は授乳等の対応ができるように母が準備していてくれました。
沐浴も身体が小さいので洗面所で十分です。
娘はお風呂大好きみたい♪
泣かずに気持ちよさそうに入ってて、寝ちゃう時もあります。
大きくなったら温泉行こうぜ~

そんなこんなであっという間に一か月。
IMG_0158_convert_20120517231456.jpg
たった一ヶ月だけどこんなに変わっちゃってるよ~。
こうして見るとしっかりしてきてるな~って思っちゃう。
髪の毛が結構くせ者でね。
フサフサしてるから月齢が若く見られないんですよ。
すごくしっかりしてる大きい子に見えるみたい。
でもまだまだ何にもできない1ヶ月ちゃんなんですよ~。
1ヶ月健診で体重は4,200グラムまで増えました。順調です
このくらいあたりからウンチの出が悪くなりました。
入院中も2回だけ綿棒で浣腸して出していたので便秘気味?と心配していたんです。
でも退院してからはおむつ交換の度にウンチっていう状態で、便秘の心配なんかしなくてよかったなって安心していたんです。
でもここにきて出なくなってきちゃって…。
入院中に教わった綿棒浣腸で肛門刺激してみますが、赤ちゃんのお尻にやるのってちょっとおっかなびっくりだよぅ
本人は機嫌がいいので深刻に悩む必要もないみたいなんですけど、一ヶ月健診では相談してみました。
そしたら「肛門が小さい。」と指摘されて。
やっぱりお腹のマッサージと綿棒浣腸の対応。
4日に一度っていうペースでのお通じです。
浣腸慣れはしないという事なので何度もやって出してもらう状況になっています。
夜中は2回ほど起きて授乳です。
やっぱり抱っこ大好きですよね、赤ちゃんって。
なく理由は大体わかるもので、「お腹空いた~」「おしっこ(ウンチ)出た~」「眠いよ~」ってのが基本ですよね。
その対応も済んでいるのに泣くってのは「抱っこして~」「立って抱っこ~」「歩いて抱っこ~」と要望出してる感じです。
本能のままに生きてるんだから仕方ないですな。要望に答えてあげなきゃ怒っちゃうんだもの。
よく動く子で、一ヶ月健診で看護士さんが「よく動くね~。もう寝がえりしそう!」って言ってました。

この頃までにいろんな方からお祝いを頂きました。
ありがとうございます。幸せ者の娘です。
頂き物はまた別記事でアップしたいなって思っています。
お返しの内祝いをインターネットで対応したんですけど、まだどこにも届いてないみたい
もう2ヶ月も経っちゃってるんですけど、申し訳ないです。
対応が遅かった私が悪いのです。もう少々お待ち下さい。
いろんな方も会いに来てくれて、たくさんの方に抱っこしてもらってる娘。
誰の抱っこでもへっちゃらにしたいっていう私の思いもあったりするのです。

ゴールデンウィークには亭主の実家に初お出かけ。
環境が違うと夜は寝なかったりするかなって思いましたが、まだそこまで分からないみたい。
日中は公園なんかにも行きましたが夜泣きすることもなく普通に夜も過ごせました。
息子のお下がりの水色の服を着せてたし、髪の毛フサフサだし、男の子に間違われました。
仕方ないっすね、これは…。

連休も明ければ2ヶ月です。
IMG_0293_convert_20120517231602.jpg
おっぱいの飲みも以前よりよくなって丸々と太ってきました。
髪の毛もずいぶん伸びたかな?歌舞伎の五右衛門みたいになっちゃう勢いです
0[1]_convert_20120518013551

顔もデーンって感じで体重も重くなってきました。
娘は2ヶ月目も予防接種以外のワクチン接種が必要だったので病院に行ってきました。
体重は4,800グラム。もうちょっと増えててもいいかなって感じだそうです。
おっぱいもだだ漏れ状態で飲んでくれてると思ってたんだけどなぁ…。
ウンチの出が相変わらずなので、おっぱいの飲みも比較的良くないのかもしれないようです。
今は標準の範囲内ですが、この増加ペースではいずれ標準を下回ってしまうとの医師の指摘をされました。
腸が長くてすぐに出ない場合もあると言われましてね。
口から吐くことはないし、本人も機嫌がいいので様子見です。
ウンチかぁ…。出す時は自力で連日出す時もあるんですけど、出ない時はホント3~4日あいちゃうんですねぇ。

息子は肛門周囲膿瘍になって1ヶ月にもならないうちから外科に通いました。
娘はウンチが出なくて…。
兄妹そろって肛門で悩ませてくれるよぉ…

そういえば、出産前には名前を何にしようかとここで盛り上がりましたねぇ…。
申し訳ありませんが実名公開はしないつもりでおりますのでご了承ください。
息子の名前は私の両親がつけました。
ですので今回は亭主の両親にお願いしましたが提案された名前を亭主が却下してしまいました。
なので一文字だけいただいて、亭主がネットで画数がいいと判断した名前になりました。
最近オシャンティでかわいらしい名前が多いですが、娘は難しい漢字でもなく普通の名前になりました。
ただ、亭主の兄夫婦のところの二番目と似ていて、義父母は何度も呼び間違えていました。
そうですねぇ…。
みっちゃんとかみーちゃんとか、そんな呼び方になる名前です。

息子の時と違って女の子ってのはあんまり泣かなくて育てやすいですねぇ。
こんなもんなのかしら?
10年ぶりの育児に奮闘てらこは若くないけど頑張ってますよ。
これからも親子共々宜しくお願い申し上げます

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

予定日過ぎたけど…
暖かかったり寒かったりしてますが、みなさん体調管理は大丈夫ですか?
今年の冬は我が家はほとんど風邪知らずで過ごすことができました。
加湿ってやっぱ大事なんだな~ってつくづく思いましたです。
妊婦になって2階のベランダまで洗濯物を持って行ったり取り込んだりが徐々に辛くなったという理由もあって
基本的に部屋干しして暖房器具で乾かすようにしました。
さらに加湿器とアロマディフューザーを併用してみました
窓際は少し結露しててカビとか気になったんですが続けてみました。
おかげで家族みんなで元気に過ごすことができました。
周囲はインフルエンザが猛威を奮っていて、学級閉鎖も相次いだりして不安もありました。
しかもうちは予防接種をしないでしまったという無防備な状態で
私は妊婦なんだからもっと積極的に受けなきゃいけなかったんですよねぇ…ホントは。
でも大丈夫だったんですよ~
息子も一度発熱した日があってヒヤッとしましたが37度台で翌日には下がってしまって、ただの軽い風邪だったみたい。
やっぱ加湿って大事ですよ
健康第一。元気が一番ですもんね。

さてさて、私事でありますが、私の出産についてあまり報告してなかったですよね。
一体どうなってんの?って気にされてる方も多いみたい。
身内や学校のお友達ママなどからも「まだなの?」とか「もしかして今陣痛の真っ最中だったりして!?」なんて連絡が来たりしています。
たった今も、亭主の実家から義母が電話してきましたです
だって予定日がおとといの3月7日でしたからね。
でも、まだ産まれてないんですよ~。
踏ん張ってしがみついてるのかしら?
そんなにお腹の中って居心地いいのかしら?

二人目ですから早いと思っていて、お手伝いに実家の母を呼び1日からいるんですが
もう1週間を過ぎて「まだかぁ…。早く出てきて~。」と呆れ気味です
切迫早産になっちゃうかも~なんてヒヤヒヤさせられてましたが、今度は出てこないってのも困っちゃいますね。
でも下がってきてるような感じはあるんですよ。
腰が痛いし、足の付け根も時々痛いです。
かばって歩くのでテキパキ歩けないし、お腹はみるみる大きくなってきちゃって
ふんぞり返ってノロノロ歩く私の姿は、まるで偉そうにノシノシと出てくるオードリーの春日さんみたいなの
img_1300951_58803380_0[1]_convert_20120309112809
ウロウロと歩きまわったりして動いてた方が産まれやすいかもですね。

予定日の7日が40週ですから診察受けたんですが「経産婦は41週までは何もしないことになってるのでね。また1週間後に診て入院するとか、促進剤打つとか相談しましょう。」と言われてきました。
経産婦は早く産むもんだと思ってたんですけど、そうでもないんだなぁ…。
産気つくのは初産婦でも経産婦でも早い遅いは関係なく、陣痛が来てから産むのが早いのが経産婦なのだそうです。
既に息子の出生体重は裕に超えてしまって、本当にお腹がでっかいんです
ちゃんと産めるのか正直不安になってきちゃってるんですよ。
息子の時よりつらそうだなぁ…
先生に相談したら「大丈夫だよ~。ちゃんと産めるよ~。」ですって。
まぁね、駄目だなんていう先生いないと思うけど…。

二人目はずいぶん前から女の子だとわかっています。
聞きもしないのに先生が教えてくれましてね
お股見るの好きなのかなぁ…。
いつも必ず見て「何もないみたいだねぇ…。」って毎回言ってましたもの。
別に構いませんけど、息子は「一緒に遊べないから仲良くできないとちょっとガッカリしていました。
でもね、遊べるようになる頃、お前はもう中学生だよ。
優しいかっこいいお兄ちゃんになってくれよ。

名前もどうしようかという事になって、息子は私の親が考えてくれたので、今度の娘は亭主の親に考えてもらっています。
亭主も字画等インターネットで調べてましたけど、どうやら苗字自体が凶っていう…
最近は難しい漢字を使ったりしてかわいい名前の子がたくさんいますけど
読みにくかったり描くのが大変だったり…というのを懸念していました。
亭主はひらがなもいいかと思ったようですが、字画からみてよくない事がわかったようで却下となってましたです。
なんという名前になるかな~。

10年ぶりの出産ですからいろんな事を忘れていますし、制度も変わったりしています。
病院に行くたびに看護士さんにいろいろと漏れてるとこを注意されてばっかりで…
産まれてからの検診や予防接種とかちゃんとやっていけるか心配になってきちゃってます。
私の体力だって落ちまくってるはずなんですよ。
でも頑張らなくっちゃ

周囲のママ友なんかには「陣痛きたら“陣痛なう”ってメールするよなんて冗談言ってたんですけどそんな余裕なくなっちゃうかな?
こちらのブログでも出産報告はしたいと思っているので、皆さんもお待ちくださいね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

新たな命を授かりました
IMG_0711_convert_20110716131913.jpg

新たな命を授かりました。

涙型の小さな袋の中にさらに小さいのがあるのわかりますか?
二つの+マークで胎児が印されていますね。
まだまだ小さいですが、心臓も動いていて一生懸命生きていました。

ここのところ体調が思わしくなかったんですよ。
気分が悪い日が続いてました。
来るものも来てませんでした。
胸の張りもあっておかしいなと思っていました。

病院に行く前に検査薬で調べてみたんです。
するとやはり陽性反応が出ました。
中途半端にもしておけませんから予定をキャンセルして病院へ行きました。

10年前に息子がお腹にいる時に診てもらっていた先生がいらっしゃったので診ていただこうと思って指名させていただきましたが
女医さんの方が空いてて「比較的早く診察できます」と事務の方に言われました。
混んでいて午後になるのは必至でした。
私はどなたでも構いませんでしたので、女医さんってことですし切り替えることにしました。
10分も待たなかったでしょうか。
すぐに診ていただくことができました。

久しぶりの産婦人科の診察台。
先生は優しく丁寧に診てくださって安心しました。
ちょっと痛い先生とかいるんですよね 
診察後もしばらくお腹が痛いような変な感じになっちゃうケース。
それだけが心配だったの。
私が横たわっている右側にあるモニターにもこの写真と同じ物が映し出されました。
「心臓が動いてるのわかりますか?」
小さな小さな心臓がピクピク動いてました。
「おめでとうございます。妊娠してますね。今、6週目ですね。今だと予定日は3月7日くらいです。また次の診察でもう一度ちゃんと調べますけど。」
「おめでとう」とは言わないと聞いていましたが、先生はしっかり言ってましたね。

命が授かるのは嬉しい事ですが、正直「やった~!」っていう気持ちにはなれませんでした。
子供会や図書ボは大丈夫かな?
予定日は3月とはいえ、任期中に出産ってことになってしまう。
周りのみんなに負担をかけることになってしまうな。
子供会は「来年もやって!そしたら私もやる~♪」なんて言われてて、やってもいいと思っていましたけど、それもできなくなっちゃう。
図書ボも副代表にお任せする形になりますね。
補導委員だって二年の任期なんですよ。
今年一年でやめざるを得ません。これも申し訳ないです。
仕事も順調なんですよね。
より楽しくなってきてここからまた頑張っていこうっていうところだったので、対応を考えなければなりません。
やめる必要はない仕事ですから大丈夫ですけど、やり方を変えなきゃいけませんね。
今、動けるうちにやれる事を精いっぱいする必要があります。
町会の盆踊り直前。
踏ん張りどころなんですが、乗りきれるかどうか不安です。
周囲に与える影響はどのくらいなんだろうなぁ…と心配になってしまって、諸手をあげて喜べなかったんですね。
あれこれと手広く顔を突っ込みすぎてるこの年度のこのタイミングでの発覚ですもの。
なんかもう、計画性がないっていうか何も考えてないって言うか…。
ただただ申し訳ない感じなんです。

そんなことを考えていますが、今はつわりがちょっときついです…
家族の食事の用意なんかが一番つらいです。
買い物に行っても食欲がなくて口当たりのいいものばかり選びがちです。
大好きな甘い物も今は食べたくない。
早くこのつらい時期を脱したいです。

帰宅した息子と亭主に妊娠報告しました。
息子はちょっとはにかんで「男の子がいいな~。」と遊ぶ気ですが、大きくなる頃にはお前は中学生だよ。
亭主は「サプライズだな。前の事があってからもうダメなんだと思ってた。」と言いました。

前の事。
それは3年前の冬。息子が一年生の12月でした。
やはり妊娠したんです。
すぐに病院に行って診察してもらったんですが、袋はあるけど胎児は見えないというあまりよろしくない状況。
一週間後に診てもらっても同じでした。
こうなると私は心の準備ができるわけです。
でもうちの男子はお構いなし。
息子は学校で「もうすぐお兄ちゃんになる!」って言っちゃうし
亭主は両方の親に電話しちゃうし。
さらに一週間後の診察で胎児を発見したのですが、もう心臓が動いていませんでした。
そんなわけで大みそか前日の30日に堕胎手術をしました。
日帰りでできると言われたその堕胎手術も大変なことになってしまったんですけどね。
お腹も膨らんでいなかったし、息子はそんなにがっかりしている様子もなかったです。
亭主はちょっとがっかりしてたようですが、親に妊娠報告を早まってしちゃってるものですから
「だから落ち着くまで言いたくなかったんだよ。悪い報告するしかないジャン。」とブーブー言ったら「そうだったのか…」ってもっとがっかりさせちゃったみたいです。

そんな過去があるものですから今回の妊娠は予想外だったのでしょうね。
過去を踏まえてまだ親には話していません。
でもブログで報告しちゃってるし
でも本当にどうなるかわかりません。

あれこれ忙しくしている私を選んできてくれた命。
「忙しすぎだから休みなさい」って言ってるのかな?
そう前向きにとらえていいかな?
この子を産んで成人するころには私も亭主も還暦過ぎちゃうよ
それはそれで大変ですなww
でも今度は無事にお腹の中で育ってほしいです。

私を選んでくれてありがとう。
来年会えるのを楽しみにしていますよ。
お母さんより。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

てらこ

Author:てらこ
いらっしゃいませ♪
マイケル・ジャクソンが大好きな普通の主婦です。
平凡な日常を見てやってください。
2012年3月に10年ぶりの出産をしました。
久々に育児に奮闘しています。


Glitterfy.com - Miss You Glitter Graphics

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
地球の名言

presented by 地球の名言
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる